トップ / 土地活用には駐車場を

土地活用には駐車場を

土地を駐車場にする

賃貸

相続対策としての駐車場活用

平成27年1月から相続税が改正になり、不動産を持っている資産家にとっては大きな問題です。不動産は高価な財産ですが、持っているだけで利用していなくても固定資産税という維持費がかかるため、土地活用によって収益を得たいところです。ただし、借地や、建物を建てて借家経営をすると、借り手の権利は借地借家法で保護されるので、退去してくれない限り自由な処分が難しくなります。駐車場なら、必要になったら解約することもできるので、相続税納税のために売却するかもしれない土地を活用したい場合には、駐車場にしておくと便利です。

土地の相続をした場合

土地の相続をする際には税金がかかってしまいます。少しでも土地を有効的に活用するためには土地からお金を生み出す仕組みを作るために、初期コストが安い駐車場経営を行うことです。アパートなどの建物は非常に初期コストがかかりがちですが、駐車場の場合でしたら最小限に抑えることができ、滞りなく自動車が入ってくれると経営を行うことができますし、税金対策にも貢献してくれます。父や祖父から受け継いだ大事な土地は手放すことなく、無駄なく利用していくことで、次世代にも大きな恩恵を残していくことができるかと考えられます。

↑PAGE TOP

© Copyright 駐車場での駐車のリスク. All rights reserved.